医者

刺青を除去して元の肌を取り戻す【レーザーでラクラク消去】

タトゥーを取り除く

女性

まずは専門家に相談

刺青といえばかつては特殊な職業に就く人たちの間だけで行われている風習というイメージがありましたが、現在では若い人を中心におしゃれの1つという考え方が定着しつつあります。海外の有名芸能人などの中にも刺青をしている人は多く、ファッションアイテムとして普及していく傾向は今後も続くものと考えられます。ただ、中には若気の至りで刺青を入れたものの、後悔の念にさいなまれているという人もいます。刺青は肌を直接インクで染めてしまうので、いったん入れると簡単には消すことができず、あとになって不都合が生じるケースも少なくありません。そのような場合は、ひとりで悩んでいても解決しません。美容外科などの専門家に相談し、除去してもらうのが賢明です。

跡を残さず消すことも可能

刺青を除去する方法は数種類あり、大きさや深さなどに応じて最適な除去法が適用されます。刺青除去法としてもっともポピュラーなのが、皮膚を切除してしまう方法です。これには皮膚を切り取った後にそのまま縫い合わせるやり方と皮膚を移植するやり方があります。この方法の場合、刺青はほぼ完全に除去できますが傷跡が残ります。別の方法としては、皮膚の正面を薄く削り取るというものがあります。この方法はインクが深くまで染みとおっている場合はうまく取り除けないことがありますが、手術跡は時間の経過とともに目立たなくなります。あまりサイズの大きくない刺青の場合は、レーザーで焼くことによって除去することができます。ここに挙げた方法の中では最も跡が残りにくいやり方です。